火葬だけのお葬式が火葬式

直葬という言葉を最近よく聞くようになりました。

臨終のあと、死亡の翌日以降に通夜や葬式をしないで直接火葬するということです。火葬だけでお葬式が終わります。

この直葬の費用の相場は20万〜30万円。10万円以下ですべて請け負う業者もいるそうです。

直葬の費用の内訳は、遺体の保全処置一日分、寝台車での搬送、棺と納棺具、火葬料金、骨壷、火葬までの事務手続き、担当者の人件費となります。

葬式といったら、百万円単位でお金が必要な気がしていましたが、これぐらい安いとなると、この不景気に依頼が多いのはわかるような気がします。

 

直葬といえども、故人への供養が足りないということは決してないはずです。

直葬にはお坊さんが来ない場合もありますので、故人を送る気持ちを大切にしていれば、十分ではないでしょうか。

日本は普段は無宗教でお葬式のときだけ仏教徒という人も多いので、逆に直葬の方が理にかなっているのかもしれません。

 

また、お葬式を華美にしたくないという人ばかりではなく、旅先での客死などだと、その土地で火葬だけして、改めて地元など親類のいる場所に返してお葬式をするということもあります。

直葬をして散骨をして、という風に従来の儀式に縛られない自由な形が増えてきたとはいえ、やはり故人とのお別れが十分にできない可能性もあります。

少しでも故人とのお別れ、区切りを付けられる時間があった方がいいのではないでしょうか。

 

地域によって、火葬がお葬式の前か後か違ったりするそうです。

お葬式のあとに火葬をするのは関東、関西、九州地方で、前火葬は、北海道、東北です。

前火葬しか知らない人が、後火葬の地域の葬式に参列して、遺体の入った棺があるというのは相当な衝撃のようです。

お葬式の形式が厳密に決まっている地域では火葬式を受け入れられない人たちもいるかもしれませんね。