墓地と種類

墓地というのは、各地域や都道府県などによって認められている「お墓を建てるための区域」のこととされています。ここには事務所や駐車場、通路といった、墓地に関係するその他の施設も含まれていることになるでしょう。また、墓所というのは、墓地の区域内で使用を許されている一画のことを指しているとされています。墓地の種類としては3つに分類されているようです。寺院墓地、公営墓地、菩提寺、またはお寺などの分類となるでしょう。

それぞれの墓地のメリットは、寺院墓地や菩提寺、お寺といった場合、去要といった行事などで読経を依頼できる。檀家としてお墓の管理をしてもらえる。交通の便がよい場所が多いということが挙げられるのではないでしょうか。反対にデメリットとしては、寺院と同じ宗派を信仰していないと入れないという点、檀家として寄付を求められる可能性があるといった点ではないでしょうか。宗派によって入れないという点については、公園墓地、霊園、納骨堂などの選択肢も慎重に選ぶべきであると言えるでしょう。

公営墓地の場合、都道府県や市町村などの自治体が管理運営を行なっているため、使用料や管理費が安いという点、宗教や宗派に関係なく入れるという点、倒産してしまう心配がないという点でしょう。デメリットとしては、競争率が高いということ、申し込み条件にかなりの制約があるという点でしょう。また、公営墓地の小規模版と考えられる民営墓地の場合、区画の広さを選べるということや、すぐに購入ができるといったメリットが挙げられるでしょう。しかし、郊外にあることが多く、交通の便が良くないという点や、倒産する可能性がある点がデメリットと言えるでしょう。信仰がない場合には、それぞれのメリットとデメリットをよく検討した上で購入することが重要と言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です