樹木葬とは

最近では、お墓の形が非常に柔軟に考えられるようになってきたこともあって、樹木を用いたお墓などがブームとなっているようです。自分自身が亡くなった際に、冷たい墓石の下に眠りたいと考える人はあまりいないかもしれませんし、むしろそのような点について考えたことがない人が多いかもしれません。そのような人にとって朗報とも言える埋葬方法が樹木葬と呼ばれる方法で、一本の樹木を墓石の代わりに植えることで、墓標とするという形式です。最近では雑誌などでもこのようなスタイルが取り上げられることが多くなってきており、温かみを感じる埋葬方法として注目を浴びているのではないでしょうか。樹木葬は比較的安い値段で行うことができるのはもちろんのこと、決して冷たくない自然の暖かさに帰るという風に思いを改めることができるという意味でもお勧めできると言えそうです。しかし、その流行に伴って東京などでは樹木葬を希望する人が増えてきており、募集をかけてもすぐに定員いっぱいになってしまうというような状態を繰り返しており、倍率も20倍に到達する勢いであるという風に言われており、少子高齢化や核家族化の進行などによって、永代供養付きの樹木葬がより流行を極めている現状を反映していると言えるかもしれません。その樹木葬にも様々なタイプがあり、すべてのお墓に対して一つ一つ一本の木を植えるケースもあれば、一つ一つお墓が存在してその後墓とは別にすべてを取りまとめるシンボルツリーのようなものが存在する場合があるようです。シンボルツリーなどが存在するタイプの樹木葬であると、その場所が広い公園などになっている場合も多いため子供などを連れて気軽な気持ちでお墓参りをすることができるという点も見逃せないメリットであるという風に言えるかもしれませんね。

葬儀にもさまざまな種類があるようです。

これを機に色々な葬儀の方法を調べてみるのもよいのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です