葬儀社との連絡

 

 

病院の霊安室に一時遺体を安置されたら、搬送する手続きをとらなければなりません。葬儀社に連絡を取ることになりますが、葬儀社は24時間連絡を受け付けている場合が多いので、夜中に亡くなってもすぐに連絡を取り合ったほうが良いでしょう。搬送先は自宅か葬儀社が所有しているホールになり、病院と提携している葬儀社もあります。ただ、この場合は金額のことが折り合うかどうかが心配なところです。こういう場合は見積もりということはできませんが、時間が許す限り他の葬儀社を当たるのも良いかと思います。インターネットを駆使するのもいいかもしれません。搬送や安置だけを請け負ってくれるところもありますし、専用の設備で遺体を安置してくれるところもあるそうです。

葬儀社に依頼する場合に気をつけたいことは、葬祭ホールがあるところはそこで葬儀をするということが暗黙の了解となるということです。菩提寺で葬式をするとかいろいろある場合は搬送だけ頼むということをきちんと伝えた方が良いです。また搬送だけで10万円を超えるような場合は、かなり高額といえるので、これを目安に考えてみた方が良いと言えます。長い入院をした場合、最後は自宅に戻して上げたいと考える人も多くいるかと思います。その場合、近所の理解も必要となってきます。また、マンションの場合はエレベーターがあるかどうか、エレベーターに棺が入るかなどの確認が必要で、また、霊柩車が駐車スペースに入るかどうかも考えなくてはいけないので十分に把握しておく必要があります。自家用車で遺体を搬送するのは違法ではありませんが、その場合は必ず死亡診断書が必要です。遺体は死後硬直が始まっていると、ぶつけて損傷したりすることもあるので気を付けましょう。また、ショック状態の遺族が運転するのは良くないです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です