訃報を伝える

 

 

逝去の第一報はどうすれば良いのか。伝える相手は、基本的には危篤を伝えた人たちということになります。その後、親の交友関係などを調べて連絡すると良いでしょう。現代では、生前愛用していた携帯端末に入っている場合が多いかと思います。その中でもあまり知らない人に連絡するのも良くないと思いますので、日頃名前を聞いていた人に連絡した方がいいかと思います。仲違いした友人に連絡するのは悩みますが、仲違いした親戚の場合は連絡した方がいいということです。危篤を知らせることはしなくてもいいようですが、訃報は別です。

親族には、お葬式のスケジュールが決まっていなくても、亡くなったことは知らせなければなりません。友人・知人や会社関係者には葬儀の日取りが決まってから連絡するのが良いでしょう。もちろんすぐに駆けつけて欲しい人は別です。菩提寺には、遺体が安置された時点で連絡し、この段階でお葬式の日取りが決まってはいませんが、逝去の報告はした方が良いでしょう。葬儀社に任せている場合は、お寺の手配もしてくれます。お通夜の読経と合わせてお願いするときは、遺体の安置所の場所を連絡しなくてはいけません。訃報はメールでの連絡よりも電話で伝えたほうが良く、メールで出すのもいいですが、電話での連絡は必ずした方が良いでしょう。そして決して長電話にならないようにした方が良いです。訃報の連絡は誰にとってもショックなものです。いろいろと話すよりも、伝えるべきことを伝えることが大切です。また、自分の仕事先への連絡は、何日から何日まで休ませて欲しいということと忌引休暇を取る旨を伝えることが大切でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です