寺院の納骨堂

納骨堂の管理者の典型例は寺院です。寺院の納骨堂について学習すれば、比較検討がスムーズに運ぶはずです。ここでは寺院が展開する納骨サービスについて、詳しく見ていくことにします。まず納骨堂を大別する基準について、整理することにします。まず一つ目の基準として、納骨形式を挙げましょう。遺骨を個別に納骨できる形式、つまりプライベートスペースに納骨できる納骨堂もあれば、他人の遺骨と一緒に納骨されてしまうところもあります。寺院の納骨堂にもこの2パターンが存在するので、費用をはじめ、注意点を把握した上で検討しなければなりません。後者は永代供養墓、合祀墓などと呼ばれることがあり、注目されている形式の一つです。次に経営母体を基準として分けてみます。一つには、寺社納骨堂があります。寺院、神社が運営管理している納骨堂を指し、最もポピュラーな納骨堂の一つです。宗教法人であることから、安心して任せる利用者も少なくありません。納骨スペースのある施設自体が寺院の敷地内であることも多く、法要も当該寺院に任せることが出来ます。寺院絡みのネックと認識されやすかった檀家という縛りも、納骨堂の利用に際しては、必ずしも問われません。檀家でなくても利用できるところも存在するため、下調べされることをお勧めします。因みに檀家として利用される場合、一般利用料はもちろんのこと、お布施や護持会費を別途請求されることがあります。二つには、公営納骨堂があります。経営母体はもちろん自治体です。自治体同士の共同運営という形も存在しています。利用者の信教を問いませんから、誰でも気兼ねなく利用することが出来ます。費用も比較的安く、最も安心して任せられる納骨堂の一つです。但し、当該自治体の区域に住んでいることを条件として課されることもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です