位牌

位牌にはいくつか種類があります。仏壇に安置して祀られているのは本位牌です。漆塗りで金箔の戒名が表に書かれ、命日や 生年月日などを裏に書いているものです。塗り位牌ともいいます。この本位牌の前に内位牌を使用します。

人が亡くなった後、白い紙にお坊さんが故人の戒名や没年月日を書き、白木の札に貼ったもの、または直接、白木に書いたものを内位牌といい、四十九日まで用います。枕飾りや通夜、葬儀にも用います。四十九日の法要で故人の魂を移す開眼供養を行った後、内位牌から本位牌に代わります。

一般的に位牌は一つとなりますが、複数用いている地方もあるようです。残された故人の子供の人数分、位牌を作ってそれぞれの家の仏壇に安置するという県や、お葬式で門の前に竹ざおをたて、その先に位牌をつけるという独特のしきたりが残っている地域もあるそうです。 枕飾りに内位牌と野位牌の二つを用意する地域もあるそうです。野位牌はお墓に置く位牌です。土葬を行う地域では内位牌と野位牌を用意する慣習が残っているところもあるようです。葬列のときに喪主が野位牌を抱えてお墓へ行き、埋葬場所に供えます。四十九日で忌明けとなった後、内位牌はお寺に、 野位牌はそのままお墓に残しておくか、焚き上げをする場合もあるようです。元々は墓標や供養塔が出来るまでの替わりとして用いられていたようです。

位牌が複数あるのは変わった風習のように感じるかもしれませんが、先程述べた、子供の人数分に位牌を分けるという考え方は、仏教的には間違ったやり方ではないようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です