葬儀・告別式と火葬式

お葬式といえば、と考えた時、今まで参列させていただいた葬儀を思い浮かべるかと思います。

大人になると葬式にはさまざまな様式があると知るようになります。

宗教で違っていたり、地域で違っていたり。

それでも葬式に行くといえば、葬儀・告別式と捉えているのではないでしょうか。

葬儀というのは、故人の冥福を祈り、端的に言えばあの世に迷わず行ってもらうための儀式です。お坊さん、神父さんなど宗教によって引導を渡す人は違います。

告別式というのは、故人の友人知人に最後のお別れをしてもらうための儀式です。

芸能人などはお別れの会とかいうのをやりますし、最近は一般人でも直葬が多くなっているせいか、改めてお別れの会を開く場合もあります。

実は、葬儀と告別式を別にするほうが正式なのです。

遺族や近親者のみで行う通夜、そして密葬と呼びますし、告別式のことを本葬と呼んだりします。

この密葬と本葬ですが、密葬は本葬をするという前提で行うものです。

本葬の前に家族だけでお別れをするということで、密葬をすると言った場合は立派な本葬を執り行うということなのです。

スターや大物政治家の場合は、密葬といえども近親者が多かったりして盛大な密葬が執り行われることもあります。

その後、もっと盛大な本葬をして、その後ファンのためのお別れの会があったりします。

これらの通夜や密葬、告別式をしないのが火葬式です。

経済的な理由や参列する親族がいない、特に信仰している宗教がないなどで火葬式を選ぶ場合がありましたが、近年、華美な葬儀に疑問を持つ人たちの間にも選ばれているそうです。

死がゴールというところもあれば、死後の世界があると信じるところもあります。

火葬する前にお別れをいう地域や火葬してから葬式をする地域もあります。

大切なのは、送る気持ちです。そこを忘れなければ形式はどのようなものでもいいのではないかと思います。