火葬式と親族の気持ち

お葬式の考え方は人それぞれです。

火葬式で故人を送るのも、盛大な告別式を開いて故人を送るのも、遺族の自由です。

故人本人の意思もあります。

火葬式のように簡素にしてほしいという人もいますし、生前葬をやって自分の葬儀を見たいという人もいます。

いろいろあってもいいと考えていても、それを生前から話し合っている人はあまりいないのではないでしょうか。

お葬式のことで親族が揉めるのはよくあるそうです。

お葬式はごく近親者が決めるものです。けれど、葬式自体には親戚一同が来たりします。

本家の人たちが来たりすると、葬儀の内容に文句を付けられてしまうようです。

質素過ぎるとか、宗派が違うとか、料理がまずいとか、いろいろ文句が出るようです。

そして葬儀の中で揉める場合が多いのが火葬式だそうです。

通夜、告別式をやらないというのに抵抗のある人はまだまだ多数。

身内が死んだと駆けつけてみたら、火葬だけというのはショックを受けてしまう人もいるそうです。

火葬式にする場合は、親戚への許可をとっておくとか、後日、お別れの会をするなどの提案をしたほうがいいかと思います。

高齢になるとお付き合いの幅も狭まってしまう人もいます。そのため、通夜、告別式をしても会葬者が集まらなかったり、また、残された人たちが誰に連絡をしていいのかわからなかったりもするので、家族だけの火葬式にする場合も多いと聞きます。

それでも親戚の声を無視することはできません。とはいえ近しい人が亡くなっているのに、葬儀のことを親戚に丁寧に説明するというのも酷なような気もします。

故人が生前、火葬式を希望していたなら、遺言で遺しておいてもらった方がいいかもしれません。

納得してくれない親戚がいる場合はお別れの会を開くことで、故人を偲ぶ時間を持ってもらえないか提案してみるのも良いかと思います。