火葬式が増えた背景

お葬式といえば葬儀社におまかせして、費用はだいたい百万円から二百万円くらいで葬儀・告別式を執り行うという感じでした。

今は、火葬式を選ぶ人たちが増えたそうです。

火葬式というのは、家族葬とか直葬とか呼ばれるものです。

通夜と告別式がない分、費用も安く抑えることができます。

その昔、直葬というと身寄りのない人のためのものだと思っていました。

なので、お姑さんを直葬で送ったとか聞くと「え? もしかして……」などとあらぬ想像をしてしまったりしていました。

今は、家族葬と呼んだりして、家族だけで故人を送りたいという人たちに選ばれているそうです。決して、生前仲が悪かったわけではないかと思います。

核家族化が進んで、参列してくれる人がいないというのもあります。

高齢になると、仕事関係の人や友人との付き合いもめっきり減ってしまいます。

お葬式というとご近所総出でという時代もありました。今は葬儀社に丸投げという場合がほとんどではないでしょうか。

都会では、お葬式をご近所が手伝ってくれるなんていうことは夢のまた夢です。

葬儀社にお願いすると、百万円ではすみません。お花だけで相当な金額になります。

知り合いに受付などもお願いしなければなりませんし、香典の管理も大変です。

家族葬、火葬式なら、そういったことに頭を悩ます必要もありません。

また火葬式といっても、お坊さんに来てもらってお経を上げることも可能ですし、そういったプランを出している葬儀社も数多くあります。

費用も20万から30万で済むというのも大きいかと思います。

たとえ簡素でも大切なのは故人を送る気持ちです。

それにこの時代、何事も華美である必要はないという考えになってきたような気もします。