火葬以外のお葬式

日本では火葬以外に土葬が認められています。

認められているといっても、決められたところに埋葬しなければなりません。

もちろん鳥葬も駄目です。風葬も水葬も禁止です。

土葬の場合、この決められた場所というのを探すのが大変です。

都市部ではなかなかないでしょうし、風習として残っている地域にしても、土葬をしてくれる霊園なり墓地なりがないといけません。

自分ちの裏山や庭先に埋めることは禁止されているからです。

土葬が禁止というわけではありません。明治政府は火葬の方を禁止していたそうです。

仏教界からの猛烈な反発により火葬禁止令が廃止になって火葬が広く行われるようになりました。

ただ、火葬場の方が整わなかったために、昭和初期まで、広く土葬が行われていたようです。

土葬にして欲しい人もいるかもしれませんが、なかなか土葬をしてくれる墓地がありません。また、宗教法人も土葬お断りと掲げている場合も多いようです。

イスラム教だと土葬が基本なので、宗教的な問題はクリアできますし、イスラム教徒のための墓地なら土葬もできるかと思います。

改宗なしで土葬というと、日本のどこかにある土葬受け入れ墓地を探せばよいかと思います。

そもそも火葬は仏教でお釈迦様が火葬されたことから、仏教を取り入れた日本でも火葬が広まりました。

とはいえ、火葬はかなり費用がかかるので仏教が貴族のものだったように火葬も貴族のものだったかもしれません。

昔は、山峡ならば遺体を下まで下ろすことが不可能なときに火葬の許可がでたそうです。今では遺体を運ぶ手段はあるかと思いますので、櫓を組んで火葬するということはないのではないでしょうか。

山では風葬もあったそうですが、今は風葬の方は禁止です。

現在では、日本各地に火葬場も増え、火葬の技術も高度になったということもあり、99%火葬となっています。